よりアクティブな毎日を

視力矯正を必要とされない方々にとっては、カラコンもメガネも共に100%ファッションアイテムであり、自らの顔や瞳とのフィットさえ問題なければ、誰もが手軽に好みのアイテムを調達することが可能です。しかし近視の方々にとっては、これらのアイテムが担う1番の役割が全く異なり、言うまでも無く適正な視力矯正に他なりません。せっかくカラコンでお気に入りの瞳の色を手に入れたとしても、それがメガネのフレームの奥であれば、喜びが半減してしまって当然です。

更にメガネ派の方々は、たとえそれがスポーツ専用のフレームであったにせよ、スポーツや様々なアウトドアイベントに際しての不自由や制限が避けられません。万一破損などのアクシデントに備えて予備のメガネが欠かせず、準備携帯も大変でしょう。

コンタクトであれば予備の携帯にも負担は殆ど無く、急な降雨でレンズが濡れて曇るなどの困った状況の懸念もありません。何よりプライベートタイムであれば、好みの色のカラコン装着で、仕事中とは違う「もう1人の自分」を満喫出来る訳ですから、その存在をスルー出来なくて当然です。よりアクティブな毎日をエンジョイする上で欠かせぬアイテムとして、度ありカラコン人気は留まる事を知りません。